Contact us now
+1-888-846-1732

相応しい葬儀を選ぶ

日本は昔から葬儀を行なう際は親族はもちろんの事、故人が生前お付き合いをしてきた方々にも参列をして頂いて盛大にお見送りをするというのが通例になっていました。この場合、ご家族は弔問客への接待や挨拶に時間を取られてしまい故人とゆっくりお別れをする事すら出来ず、心労も溜まってしまうことが多いのです。最近は盛大な葬儀を行なわず、近親者のみで通夜・告別式を執り行う家族葬というものがあり、葬祭会社もお薦めしている葬儀です。小規模なので料金もお安く、専任のスタッフが打ち合わせからご出棺、さらに役所に提出をする書類の準備もしてくれるのでご家族はゆっくりと故人とお別れを行なうことが出来るメリットがあります。社会的立場上、どうしても大規模な葬儀を行ない盛大なお見送りが必要な場合は昔ながら式を選ぶのがベストですが、生前お付き合いの幅が狭く家族だけで静かにお見送りをしてあげたい場合は小規模の式にするのもいいでしょう。