Contact us now
+1-888-846-1732

お葬式の参列者としてのお悔やみの言葉

葬式のときには参列者としてのお悔やみの言葉は平凡でありきたりのものの方がよく、余計な事をいってしまうと逆に差し障りがでてしまうことがあるため、短めにすませた方が無難です。死因や病状などを尋ねたり、お悔やみの言葉を述べるときに笑顔を見せることも失礼にあたります。子供が亡くなられた家族には自分の子供の話をすることも慎みます。ご冥福をお祈りいたしますという言葉は仏式のみで他の宗教では使えません。他にも成仏や往生なども仏教用語で他の宗教では使う事ができず、死を神に召される祝福と考えるキリスト教ではお悔やみの言葉は使いません。お悔やみの挨拶は浮かばれないや迷うといった忌み言葉や重ね重ねやたびたびなどの重ね言葉などは避けるべきといわれています。忌み言葉は葬式のときの挨拶や弔辞のときにはふさわしくない言葉で、人によっては気にされる人と気にしない人がいますができれば使わない方がよい言葉です。仏教でも浄土真宗の場合には冥福や霊前などの言葉は使いません。